2013年08月19日

DCステーション設置②

DCステーション設置①
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/372427997.html
DCステーション設置②
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/372453727.html
DCステーション設置③
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373072156.html
DCステーション設置④
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373074591.html
DCステーション設置⑤
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373075542.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは、実際に分岐を作っていきます^^

まず、必要なもの

キボシ端子
IMG_1302.jpg


Y型接続端子(キボシ端末)
IMG_1303.jpg


コネクターセット
IMG_1304.jpg


純正色ハーネス(電線)
IMG_1306.jpg


あとは

ハーネスを切る道具
キボシ端末を付けるためにペンチ

があれば大丈夫だと思います^^



それでは作っていきましょう!

まずハーネスを10cm程度の長さで切ったのを2本用意します。

端を1cm程度切り、導線を露出させ、写真のように折り返します。
IMG_1308.jpg


まず、コネクターセットに付属している

クワ型端子を圧着していきます。

導線とゴムの部分にそれぞれ圧着する部分があるので、それにあてがって
IMG_1309.jpg

導線部分を圧着し、
IMG_1310.jpg

ゴム部分を圧着します。
IMG_1311.jpg



コネクターセットにはめます。
IMG_1312.jpg


反対側にはキボシ端末のオスを取り付けますが、

取り付ける際の注意としては、

防水用のゴムを先にハーネス(導線)にはめておかないと面倒臭いことになります笑^^;
IMG_1315.jpg


ここまでで1つ完成!!
IMG_1316.jpg


次は分岐用のコネクターを作っていきます^^


posted by 鳥瀬 ユタカ at 23:05| Comment(0) | DCステーション | 更新情報をチェックする

DCステーション設置①

DCステーション設置①
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/372427997.html
DCステーション設置②
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/372453727.html
DCステーション設置③
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373072156.html
DCステーション設置④
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373074591.html
DCステーション設置⑤
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/373075542.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

携帯スタンドを設置したので、次は走行中に充電できるようにしたいと思います^^

そのためにはiPhoneの充電器の端末である

USB端末のDCステーションを設置しなければなりません。

今回購入したのはこちらのDCステーション
41T4Ylka9EL[1].jpg



実は、シガーソケットタイプのDCステーションでも変換器を使えば充電できたり

いろいろな機器の充電にも使えたりするのですが

41-QlGRoukL[1].jpg

「形がスマートではないな」と思い、USB端末タイプにしました^^;




いろいろな先輩方のブログを拝見しまして、

電源はテールランプから持ってくることにしました^^


テールランプはキーをonにしたときに電源が通るようになっているので、

なにもしていない状態で常に電気が流れっぱなしということがなくなります^^



下の図は自分の脳内配線図です笑

分かりやすくするためのものなので、まったく正しくありません^^;

初期状態ではタンデムシート下にコネクターがあります。
DCステーション配線1.jpg


このコネクターから分岐を作り、USB端末をつなげます。
DCステーション配線2.jpg


まぁ、こんな感じのイメージで配線を考えていきます^^

posted by 鳥瀬 ユタカ at 16:46| Comment(0) | DCステーション | 更新情報をチェックする

携帯スタンド装着


さて、ずいぶん時間が経ってしまいましたが

グローブをタッチパネル対応にするために制電糸を縫い付けました。

↓過去ログ「iPhone用グローブをつくろう!」
http://yutaka-torise.seesaa.net/article/299625446.html


そうなるとポケットからiPhoneをいちいち出すのが面倒なので、

手元にiPhoneを設置できるようにしたい!




アマゾンでバイクに取り付けることができる携帯スタンドは

こんなのだったり
41eIMSTiWYL.jpg


こんなのだったり
410gloAaFoL.jpg



結構いろいろあるもんです^^;

単純に迷いました笑



結局、「外見のかっこよさ」「防滴性能」の2点で選んだのがこれです

41x-Ptg57IL.jpg


これはロードバイク専用のスタンドなのですが、

①外見がかっこいい!

②防滴性能!

③脱着可能!

④そのまま持ち運び可能!

この点で魅力的でした^^

アマゾンで3000円程度で買えるのでコスパは高いかと^^




ということで、現物が届きました^^

表側
IMG_1352.jpg

裏側
IMG_1241.JPG

内側
IMG_1353.jpg
ここに裸の状態のiPhone4sをはめます。



このスタンドに決めた理由がもう1つあります。

実は設置状態で充電ができるのです!!

下部分にコードを通す穴が空いています^^
IMG_1354.jpg

使わない時は穴に栓をして、防滴性能を維持します笑
IMG_1355.jpg
(つい最近栓をなくしたことは内緒)



左ハンドルに設置できそうな空間がありました^^
IMG_1274.jpgIMG_1275.jpg



・・・・・・あれ?はまらない・・・・^^;

まさかのはまらない疑惑です笑


よく確認するとゴムの部分は入るけど、プラスチックの部分が当たっていました^^;

IMG_1242.jpg


なので・・・・・削りましょう!!笑

IMG_1243.jpg


そして、削った後

IMG_1272.jpg


削るとうまくはまりました^^

IMG_1276.jpg





IMG_1265.jpg





~~~~~~~~~~~追記~~~~~~~~~~~~~~~

今のところ10ヵ月このスタンドを使っている段階での感想を載せようかと


①使い勝手はとてもいい
 信号で止まった時に、曲をささっと変えることができ、
 ナビも走行中に軽く確認することもできるので重宝しています^^


②防滴性能について
 画面などに対する防滴性能は満足なのですが、
 イヤホンジャック部分のゴムや下部のゴム栓を
 なくしてしまったので、そこが・・・・^^;


③黒色なので・・・
 夏の晴天時はかなり熱くなってしまいます^^;
 白色のケースであればある程度帯熱が抑えられるのだろうか?
 でも、白色ケースはなかったはず^^;

こんな感じですかね^^
posted by 鳥瀬 ユタカ at 01:10| Comment(2) | 携帯スタンド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。